PerlのRは、レポーティングのRですが、視覚的レポートを行うためにR言語のggplot2の移植プロジェクトを開始します

PerlのRは、レポーティングのRですが、視覚的レポートを行うためにR言語のggplot2の移植プロジェクトを開始します。

R言語はCRANと呼ばれるCPANの仕組みをまねたディストリビューションの仕組みがあって、Perlと親和性も感じます。

ggplot2のPerlへの移植プロジェクト開始のお知らせ

Perlゼミのソフトウェア研究所では、ggplot2のPerlへの移植プロジェクト開始をお知らせします。

Perl入学式のSlackでも「Perlでデータサイエンスをやりたいよねぇ」という話が上がっておりまして、ちょっと、この機会に足りないものを作っておこうかなぁと感がています。

データサイエンスをやりたいときに、唯一Perlに足りないものは、柔軟で依存の小さいデータ視覚化ライブラリだけだと思っています。

ですので、この分野で、時間を投資することに決めました。

SPVMのプロジェクトも、実装はほぼほぼ完了して、1.0リリースに向けて、ドキュメント整備だけになってきたので、このタイミングで開始します。

コンテンツ